SayakaRadio

ディズニーを中心にスキをマイペースで綴ります:^)

アクター ムービー

怖がってちゃ掴めない〜映画『ハッピーエンドが書けるまで』〜

2015/05/05

2015年6月27日、映画『ハッピーエンドが書けるまで』が公開されます。

原題は『Stuck in Love』です。”恋に立ち往生”って意味です。

 

スクリーンショット 2015-05-02 11.57.25

(左)日本版ポスター(右)欧米版ポスター

 

日本版のポスターと日本語タイトルの雰囲気からして、若い世代の集客を狙っているのでしょうか。

出演しているリリー・コリンズは映画『あと1センチの恋』などに出演して若い世代から人気あります。

ポスターも『あと1センチの恋』風ですし、主にリリーのファンを集客する仕上がりに見えます。

日本版ポスターではリリー・コリンズが主人公の様になっていますが実際は違います。

家族全員が作家のボーゲンズ一家のお父さん、娘、息子の3人が主人公です。

3人がそれぞれの理由から恋愛に逃げ腰になりながらも愛を知っていく、ハッピーエンドは自分で書けるんだって知っていく物語になっています。

-スポンサードリンク-

登場人物

グレッグ・キニア as ビル・ボーケンズ(ボーケンズ一家のお父さん)

スクリーンショット 2015-05-02 12.12.03

3年前、他の男とデキた奥さんエリカと離婚するも、今になってもエリカのことが忘れられず付きまとってしまう。元妻エリカや近所のトリシアから言われ、元妻を忘れて前に進もうとする。

演じるグレッグ・ギニアさんのその他の出演は『ユー・ガット・メール』など。

ジェニファー・コネリー as エリカ(ビルの元妻)

スクリーンショット 2015-05-02 12.24.19

3年前に他の男とデキて旦那と子供2人を置いて家を出る。未だに元旦那に近くをうろちょろされることを嫌がりながらも、元旦那の書いた小説を未だに読んだりしている。

演じるジェニファー・コネリーさんのそのたの出演は『そんな彼なら捨てちゃえば?』、『ノア 約束の舟』など。

クリステン・ベル as トリシア(ボーケンズ家のご近所さん)

スクリーンショット 2015-05-02 12.33.26

ビルが離婚してからビルのセックスフレンド。

いい加減に再婚を考えたらどうかと助言したり、デート相手の募集を手伝ったりする。

演じるクリステン・ベルさんのその他の出演は『アナと雪の女王(アナの声優)』、『バーレスク』など。

ナット・ウルフ as ラスティ・ボーケンズ

スクリーンショット 2015-05-02 12.49.30

学校の授業で披露した詩を意中の相手ケイトに褒められ意気揚々。父親のビルに勝手に自分の日記を読まれているところを目撃。それをきっかけにビルからもう少し外に出て遊ぶ様にと注告されパーティに出かけるも、ケイトがコカインを吸っているところを目撃してしまう。

演じるナット・ウルフさんのその他の出演は『きっと星のせいじゃない』など。

リアナ・リベラト as ケイト

スクリーンショット 2015-05-02 12.51.49

ボーケンズ家のラスティが惚れているクラスメイト。

パーティでコカインを吸ったりしていて少しラスティには刺激が強い。

演じるリアナ・リベラトさんのその他の出演は『陰謀のスプレマシー』、『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』など。

リリー・コリンズ as サマンサ・ボーケンズ

スクリーンショット 2015-05-02 12.58.27

大学生。自分の本が出版されることを報告に実家に戻ってくる。

大学のクラスメイトのルイスにバーにいるところ話しかけられたりアプローチされるも逃げる。

両親の離婚などで傷つき愛を信じられない。

演じるリリー・コリンズさんのその他の出演は『あと1センチの恋』、『白雪姫と鏡の女王』など。

ローガン・ラーマン as ルイス

スクリーンショット 2015-05-02 13.07.30

ボーケンズ一家の長女サマンサに惚れるクラスメイト。愛を信じないサマンサの心を開くことができるのか。

演じるローガン・ラーマンさんのその他の出演は『ウォールフラワー』、『フューリー』など。

-スポンサードリンク-

 

予告編が公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=LnGxl7m8IHE

”どんなに振り回されても手に入れたい愛がある”って良いセリフですね〜

個人的にはローガン・ラーマンのファンなのでこの映画とても楽しみです。

公開は2015年6月27日です。

-スポンサードリンク-

-アクター, ムービー