SayakaRadio

ディズニーを中心にスキをマイペースで綴ります:^)

アクター テクノロジー ムービー

いよいよ日本にもジュラシック旋風〜ジュラシック・ワールド〜

2015/07/25

ジュラシック・パークシリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』が2015年8月5日に日本公開されます。
『ジュラシック・ワールド』はシリーズ4作目。3作目から14年ぶりの公開となる本作についてまとめます。

1作目の続編!?

ついに最新の科学により恐竜のテーマパークがオープン。大迫力の恐竜達を間近で観られるジュラシックパークは大人気となります。

しかし遺伝子を操作して開発されたT-レックスより大きい新種インドミナス・レックスなど、人間が科学により蘇らせたはずの恐竜の力や頭脳は、人間の想像を遥かに超えており、恐竜は制御不能になっていきます。


 

本作はシリーズとしては4作目ですが、1993年に公開されたシリーズ1作目の続編の様なストーリーになっているとの事。

1作目に出てきた設定が多く組み込まれているそうで、『ああ、あったあった〜!』と1作目を懐かしむ内容となっているそうです。

 シリーズを見返さなくても、1作目だけ見ておけば十分なおさらいになりますね。

次々と記録を塗り替え

日本公開はまだ先ですが、世界では既に公開が始まっており様々な記録が塗り替えられています。

・公開1週目に『全世界オープニング歴代興行収入1位』を達成。

・公開13日で『全世界累計興行収入』が10億突破。史上最速。

・アメリカでの公開24日で『全米累計興行収入』が5億5千万ドル突破。史上最速。(現在全世界歴代興行収入トップの『アバター』すら38日間要した)

・現時点で既に全世界歴代興行収入第6位。(既に『アナと雪の女王』などを抜き、第5位の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にせまる勢い)

これらの記録を見れば明らかですが、『ジュラシック・ワールド』は近年の他の多くの映画を大きく引き離し大ヒットしています。

日本を含め、まだまだ公開を控えている国が多くありますのでこれからも記録は伸び続けます。

全世界歴代興行収入第1位の『アバター』と第2位の『タイタニック』を抜かすことも十分考えられます。

来日

日本公開に先立ち監督とキャストが来日。スピルバーグさんは来ていませんがコリン・トレボロウ監督と出演キャストが記者会見に出席しました。

日本語吹き替えを務める玉置宏さん、木村佳乃さん、松岡茉優さんも一緒だったみたいですね。

公開まであと1ヶ月弱ありますが、彼らの来日によりそろそろ日本にも”ジュラシック旋風”が起こり始めます。

-スポンサードリンク-


 
いかがでしょうか。俄然楽しみな本作。

”最後の公開国”である日本での公開は2015年8月5日です。

-スポンサードリンク-


 

-スポンサードリンク-


 

-アクター, テクノロジー, ムービー