SayakaRadio

ディズニーを中心にスキをマイペースで綴ります:^)

リーガル

日本も続け〜全米で同性婚が合法に〜

2015/07/25

Unknown性の多様化を表すレンボーカラーに染まり祝福モードのアメリカ

 

2015年6月26日、アメリカ連邦裁判所が同性婚を憲法の権利として認めると判断を下しました。これにより事実上全米で同性婚が認められることになりました。

結婚の平等という歴史的な勝利を収めたアメリカについてまとめます。

勝利までの道のりは長い

同性カップルが結婚の権利を求め始めたのは1970代のことです。

1970年以降、同性カップルが州政府に向けて結婚を認めるように裁判を起こす動きが目立ち始めました。

アメリカは自由の国なので当時から支持する声が多くありました。しかしながらキリスト教の保守派を中心に断固反対派も多数おり、アメリカ内での同性婚に対する世論は長らく2分されていました。

ようやく道が開き始める

初めての州

アメリカで初めて同性婚を認めたのはマサチューセッツ州です。

1970年以降に裁判を起こす動きが目立ってから30年以上も経過して、2004年5月17日初めて同性婚が認められました。

2番目になるも・・・

2番目に同性婚を認めたのはカリフォルニア州です。

カリフォルニア州では2008年5月に「同性婚を認めないのは憲法違反」と判決。

これはマサチューセッツ州が初めて同性婚を認めてから4年後のことでした。

夏には権利が認められましたが、その後も同性婚反対派の動きは多く住民投票の結果、同性婚における権利は剥奪されました。

捨てたもんじゃない

3番目に同性婚を認めたのはコネティカット州です。

捨てる神あれば拾う神ありです。コネティカット州が同性婚を認めたのは、カリフォルニア州が住民投票により同性婚の権利剥奪を実施した数日後のことでした。

そこからどんどん同性婚を認める州は増え続け、2年間で50州のうち30州が同性婚を認めるようになりました。

一度は権利剥奪となってしまったカリフォルニア州も、2013年6月に賛成派が勝訴したことで再度同性婚を認めています。

全米で合法になるまで

未だ認められない州

多くの州が同性婚を認め始めましたが、2015年6月時点で13州が同性婚を認めていませんでした。

今回、同性婚が禁止されている州のカップルが婚姻関係の認定を求めて訴訟を起こしました。

それに対しオハイオ、ミシガン、ケンタッキー、テネシーの4つの州管轄の連邦高等裁判所は同性婚を認めないと判断。

最終判断はアメリカ連邦最高裁判所に委ねられました。

アメリカの勝利

最高裁の判事9人のうち多数の5人が、法の下の平等を保障する合衆国憲法を根拠に「同性婚の禁止は違憲」と判断。

「全ての州で同性婚の権利は認められる」とする判決を下し、全米で同性婚が合法として認められることになりました。

今回の判決は同性婚に賛成するアメリカ世論の高まりを反映したものですが、大統領に立候補したブッシュ氏など保守派の共和党を中心に「誤った判断だ」と表明する人々も一定数いるようです。

それでもオバマ大統領は「全ての国民が平等に扱われる時に、我々はより自由になれるのだ。」「アメリカの勝利だ」と判決の意義を強調しました。

-スポンサードリンク-


 

日本も続きべきなのでは?

アメリカは法律が州により異なっています。

なので時間はかかりましたが少しづつ少しづつ法律を変えることができました。

しかし日本の法律は国で定められています。いわば日本において同性婚は「0か10」です。

今まで認めていなかったのに法をひっくり返す。それがどれだけ難しいことかは分かっています。

でも、アメリカが同性婚を認めた今が私たち日本にとっても良いタイミングではないでしょうか。

少し話がずれますが「私はラブ・リーガル」というドラマのシーズン2エピソード8を観ていたら同性での結婚に関する良いセリフがありました。

「2人が乗り越えてきたことや、一緒に過ごした時間は愛が全てに勝つことを示している。それを奪う権利は誰にもない。」

本当にその通りだと思います。

愛って人間の核です。どうして他人が2人の愛を否定する必要があるんでしょうか。日本は環境に恵まれて、個人がやりたいことを自分の意思で選択できる国なのに、なぜ人間の一番大切な部分である愛に対しては頑ななんでしょう。

「結婚なんてただの紙切れ上の約束」なんて考えもあるかも知れないけど、やっぱり愛し合う2人にとって結婚することは”合法な家族”だって認めてもらうという意味ですごく重要なこと。

これから先、一生一緒に暮らしていくと法のもとにおいて誓いたいのに、それが法のせいで出来ないなんておかしい。

法で認められなくても強い愛で結ばれた同性カップルは存在します。法が認めなければその同性カップルを苦しめるだけ。

時代遅れも良いとこです。同性婚を認めない事は秩序でもなんでもなく差別と等しいと思います。

アメリカは大好きです。いつもこういうところで一歩リードして世界を引っ張ってくれます。

日本も早く後に続くことを願います。

-スポンサードリンク-


 

-スポンサードリンク-


 

-リーガル