SayakaRadio

ディズニーを中心にスキをマイペースで綴ります:^)

アクター コメディアン ムービー

2つもリメイクされる事が判明??〜ゴースト・バスターズ〜

2015/07/25

ゴーストバスターズが女性主演でリメイクされる事が決定していますが、なんとそれとは別に男性主演版のゴーストバスターズの制作も決定している事が分かりました。
しかも制作はどちらもソニー・ピクチャーズという事ですが、同じ会社が2つの同名映画を制作するって一体何事なのでしょうか。
今回はゴーストバスターズリメイクに関してまとめました。

なぜ2つのゴーストバスターズ!?

エイミー・パスカル共同会長の辞任

元々ソニー・ピクチャーズはオリジナルキャストでの『ゴースト・バスターズ3』の制作を予定していましたが、オリジナル版でゴーストバスターズを務めた3人のうちビル・マーレイさんが出演を拒否。そしてハロルド・ライミスさんが2014年に亡くなった事で企画は頓挫していました。

そこでソニー・ピクチャーズはキャストやストーリーを一新してリブートする計画を発表するのですが、当時ソニー・ピクチャーズ共同会長だったエイミー・パスカルさんが「女性版ゴースト・バスターズ」を強く推して女性版の制作が決定しました。

エイミーさんは女性にもヒーロー映画を身近に感じてもらいたいとのことで、他にも女性版スパイダーマンなどの女性が主人公のヒーロー映画を推していましたが、その後2014年の暮れ、ソニー・ピクチャーズはサイバー攻撃を受けメールなど多くの情報が流出する出来事がありました。

その際にエイミーさんの関わっている不適切なメールも流出してしまった事からエイミーさんは共同会長を辞任することになりました。

amy-pascal__130715195214会長を辞任したエイミー・パスカルさん

 

エイミーさんの後任としてトム・ロスマン共同会長が就任したソニー・ピクチャーズは新体制となった後、今度は女性版に加えて従来通りの男性が主人公の『ゴースト・バスターズ』も制作する事を発表しました。

男性版に関しては、恐らくオリジナル版のアイヴァン・ライトマン監督と主演ダン・エイクロイドさんの企画が推されて実現したと考えられます。

こうして同じ社内で2つの『ゴーストバスターズ』の制作が開始されることになったのです。

なんだかここまでだと2つの作品の間にわだかまりを感じずにはいられませんが実情はどうなのでしょう。

敵対視しているようでそうでもない

オリジナル版『ゴースト・バスターズ』のアイヴァン・ライトマン監督とキャストのダン・エイクロイドさんがソニー・ピクチャーズの傘下で”ゴースト・コープス”という会社を設立しています。

dan-aykroyd-ivan-reitmanオリジナル版主演のダン・エイクロイドさん(左)とアイヴァン・ライトマン監督(右)

 

今後『ゴースト・バスターズ』に関する全てをこのお二人が設立したゴーストコープス社が取り扱います。

ライトマン監督とダン・エイクロイドさんは元々計画されていた『ゴースト・バスターズ3』でそれぞれ監督と主演を務める予定だったわけです。『ゴースト・バスターズ3』の代わりが女性版『ゴースト・バスターズ』だけというのは満足出来ず、女性版とは別で自分たちの『ゴースト・バスターズ』を制作したい気持ちはなんとなく分かります。

そういう経緯で男性版の制作も決まった可能性は大いにありますね。

ちなみに主演は制作陣にも加わるチャニング・テイタムさんになるのでは?という話です。

channing-tatum-net-worth2チャニング・テイタムさん

 

とはいえ、彼ら男性版制作側は決して女性版を敵視しているわけではない様です。

実はライトマン監督は女性版にもプロデューサーとして大いに関わっており、「複数の映画やTVシリーズ、関連グッズなどを作りゴースト・バスターズ市場を拡大したい」と話しています。

ゴーストコープス社設立者としては女性版は会社の利益に繋がるのでむしろ快く思っている様です。

また女性版の監督と主演女優に関して「ポール・フェイグ監督は世界で最も面白い4人の女性と撮影を開始するんだ。」と称賛のコメントもしており、あくまで友好的に2つの作品が作られる事が分かっています。

女性版に期待大

女性版ゴースト・バスターズは主演にメリサ・マッカーシーさんとクリスティン・ウィグさん、レスリー・ジョーンズさんとケイト・マッキノンさんが決定しています。

ghostbusters-female-cast-melissa-mccarthy-kristen-wiig-kate-mckinnon-leslie-jones左からケイト・マッキノン、メリサ・マッカーシー、クリスティン・ウィグ、レスリー・ジョーンズ

 

おそらくメインはメリサ・マッカーシーさんかクリスティン・ウィグさんになると考えられますが、この2人はすでに『ブライズ・メイズ』という映画で共演しています。

この2人の演技を観た事がある方はもうお分かりかと思いますが、彼女たち神がかって面白い演技をする女優さんなんです。全然お金のかかっていない映画でも、彼女たちの演技だけで面白い作品に出来る力があります。

もうこの2人が主演に抜擢されている時点で女性版ゴースト・バスターズの面白さは目に見えています。

しかも、女性版の監督を務めるポール・フェイグさんも『ブライズ・メイズ』の監督さんなんです。

絶対『ブライズ・メイズ』の面白さをまた体験出来そうなので嬉しいです。お腹抱えて観られる映画になるだろうなあ〜

ただ、彼女達は大きな映画の出演数が多くないのでアメリカ以外での知名度が高くありません。なのであまり日本では女性版は注目はされないかも知れないのがとても気にかかります。

ですが女性版、重要な役どころであるゴースト・バスターズの会社の受付係としてマーベル映画で”マイティ・ソー”を演じているクリス・ヘムズワースさんが出演する事も決まっていますので、こちらでの注目度は大きいかと思います。

chris-hemsworthクリス・ヘムズワース

 

クリスさんは受付係があまりにも小さな役なので当初はオファーを断ったそうですが、その後映画サイドが脚本を書き直し、受付係を重要な役にした事で出演を決めてくれたそうです。

こんなイケメン受付係がいたら集中出来ませんね。マイティ・ソーを演じるイケメンが出るとなれば注目度の心配はないかも知れません。

-スポンサードリンク-


 
いかがでしょうか。女性版も男性版もどちらも楽しみですが、女性版は役者の演技の面白さが魅力で、男性版は映像のクオリティが魅力になるのではないかと思っています。

ゴースト・バスターズと言えばあのテーマソング。女性版ではだれか旬な女性アーティストがカバーすることになるのかも知れませんね。

どちらにせよ楽しみですが、ひとまず先に公開される女性版の方は2016年に全米公開予定です。

-スポンサードリンク-


 

-スポンサードリンク-


 

-アクター, コメディアン, ムービー