SayakaRadio

ディズニーを中心にスキをマイペースで綴ります:^)

アクター ムービー

アメリカ版魔法学校登場か〜ハリーポッタースピンオフ〜

2015/07/25

世界的大ヒットを記録した映画『ハリーポッター』シリーズのスピンオフ映画が制作開始されています。

タイトルは『幻の動物とその生息地』。

作者のJ・K・ローリングさんは「ハリーポッターシリーズのスピンオフですが、前日譚でも後日談でもありません」と話しており、ハリー達は一切登場しないとの事。

本作は『ハリーポッター』シリーズの舞台設定の約70年前のニューヨークが舞台で”ニュート・スキャマンダー”という人物が主人公です。

タイトルの『幻の動物とその生息地』とは

『幻の動物とその生息地』(『FaBeasts & Where to Find Them』)は、『ハリーポッター』シリーズ内でホグワーツ魔法学校の教科書として登場する書物で、魔法生物に関する基礎知識や約80種の魔法生物の生体と危険度が示されています。

4915512436映画ファンの為に本当に書籍化されました。

 

この書物の著者が、本作の主人公である魔法生物研究者ニュート・スキャマンダーという人物です。

ニュート・スキャマンダーとは

本名はニュートン・アルテミス・フィド・スキャマンダー。魔法生物学者。

上述した通り『幻の動物とその生息地』を著した人物。

wikipediaによれば1897年生まれ。ハリーポッターシリーズの時代設定は1991年。その70年前の1921年が今回のスピンオフの時代設定との事なので、ニュート・スキャマンダーは大体25歳あたりという設定で登場するかと思われます

エディ・レッドメインが出演決定

eddie-redmayne-hd-6-free

『レ・ミゼラブル』に出演し話題となり、『博士と彼女のセオリー』ではアカデミー主演男優賞を獲得したエディ・レッドメインさんがニュート・スキャマンダーを演じる事が決定しました。

出演を決める前にエディさんは脚本を事前に読んでから決めたかったそうで、実際に全ての脚本を読んでみて大いに気に入り出演することになったそうです。

ストーリー予想

①ハリーポッターシリーズではイギリスが舞台でしたが今度の舞台はニューヨークです。

②エディ・レッドメインさん演じるニュート・スキャマンダーさんの他にアメリカ人女性2人とアメリカ人男性2人も主要人物になると報じられています。

③アメリカの魔法社会が舞台なので、本作には噂ではアメリカ版魔法学校が登場するとも言われています。(ニュート・スキャマンダーさんはホグワーツ出身です。本作はホグワーツ卒業後が描かれる様子。)

④本作の時代設定は1921年からとなりますが、ニュート・スキャマンダーさんが『幻の動物とその生息地』を著したのは1927年。『幻の動物とその生息地』を出版する6年前からの出来事が3部作で制作されることになります。

以上の情報から私個人的にざっくり予想すると、

『ニューヨークの勇敢な男女4人(魔法学校生徒も含める)が、ニュート・スキャマンダーと共に幻の動物を探し、その道中で様々な体験をしていき、その体験が本の出版につながっていく』 という様な流れのアドベンチャーになるんじゃないかと思っています。

-スポンサードリンク-


  いかがでしょうか。
ハリーポッターシリーズが大人気なだけに本作は期待している人がとても多そうな作品ですね。 残念ながらハリー達の登場はありませんが、『ハリーポッター』シリーズと同じJ・K・ローリングさんの作品なので、魔法社会における様々なものが『ハリーポッターシリーズ』を思い出させるんじゃないかと思います。(バタービールとか出てくるんじゃないでしょうか)
一作目公開は2016年末、二作目は2018年、三作目は2020年公開予定です。

-スポンサードリンク-


 

-スポンサードリンク-


 

-アクター, ムービー