SayakaRadio

ディズニーを中心にスキをマイペースで綴ります:^)

テーマパーク ディズニー

アナ雪アリスに美女と野獣〜ディズニーリゾートエリア拡大構想②〜

2015/07/25

2014年に東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドグループから大規模開発の発表がありました。

今後10年間5,000 億円レベルの投資をし、東京ディズニーランドのファンタジーランドを約2倍に拡張。東京ディズニーシーにはもう一つのテーマポートを造るという発表でした。

そして今日4月28日、またオリエンタルランドグループから開発に関する追加の情報が発表されました。

『美女と野獣』と『不思議の国のアリス』がエリアに

東京ディズニーランドの「ファンタジーランドの再開発」を発表したオリエンタルランド。

現在のファンタジーランド全域と、トゥモローランドの一部、駐車場、バックステージの一部をファンタジーランドにします。

それだけ広げると、ファンタジーランドは今の大きさの2倍になりますが、さらに複数のエリアで分ける予定とのこと。

その複数のエリアの一部を映画『美女と野獣』と『ふしぎの国のアリス』をテーマにするそうです。

スクリーンショット 2015-04-28 18.56.42〜美女と野獣エリアのイメージ(オリエンタルランドHPより)〜

 

スクリーンショット 2015-04-28 18.56.52〜不思議の国のアリスエリア(オリエンタルランドHPより)〜

 

美女と野獣は現在プロジェクションマッピングの『ワンス・アポン・ア・タイム』で描かれたりパレードに登場しています。

不思議の国はすでにモチーフにしたアトラクション『アリスのティー・パーティ』やレストランがあり、パレードにも登場しています。

導入は2017年以降とのことですが、実写版『美女と野獣』や『アリス・イン・ワンダーランド』も2017年以降に公開されます。

今まで以上に映画の世界観に溶け込める体験ができるに違いありません。

アデンレールへようこそ

東京ディズニーシーには開園以来初めて新しくテーマポートが造られます。

ロストリバーデルタの隣に位置し、規模はアラビアンコーストと同じくらいのエリアが誕生します。

海にまつわるエリアになるであろうと予想されていましたが、なんと今回『北欧』がテーマのテーマポートになり、一部では『アナと雪の女王』の世界観がテーマにされるとのこと。

スクリーンショット 2015-04-28 18.57.03〜8つ目のテーマポートイメージ(オリエンタルランドHPより)〜

 

アナと雪の女王でアナとエルサが住むアデンレールは、海に囲まれた国です。テーマとしてはぴったりですね。

左側に写っている白っぽいお城はおそらくアナとエルサの住むお城です。

オラフと会えるグリーティング施設なんかができるんじゃないかと期待が膨らみます。

『アナと雪の女王』も続編の製作が決定しておりますが、まだ製作発表をしただけの段階なので公開は早くても2017年以降ではないかと推定されます。

-スポンサードリンク-


 今回発表されたランドとシーの各エリアは、東京ディズニーリゾートオリジナルのアトラクションやレストランなどを多く導入し、”世界でここだけ”の魅力あふれる東京ならではの新エリアとして誕生します。

”東京ならでは”にこだわるのは、2020年の東京オリンピック等による外国人観光客の獲得を大きく見据えているように感じます。

海外のディズニーリゾートに既にあるモノを登場させても、外国人観光客は驚かず来てくれませんので、そこを狙っているのかなと感じました。

エリアのより詳しい情報は、2015年の間に教えてくれるそうなので、都度更新します。

ディズニーリゾートは今年から既にウエスタンランドの一部が大幅にリニューアルされたりと、どんどん変化し続けています。

大きく変わり切る前に、今のうちに今のリゾートを楽しむのもいいかもしれません。

〜関連記事〜

『2倍に拡張!?ディズニーリゾートエリア拡大構想』

『ラッキーナゲットカフェ終了。次はドナルドに会えるか!?』

-スポンサードリンク-


 

-スポンサードリンク-


 

-テーマパーク, ディズニー